日々の雑記から役に立つ知識など

現在、私達の会社が抱えるコーポレートサイトの問題点とは

 
この記事を書いている人 - WRITER -
札幌に住むエンジニアです。 小学生と双子の育児に日々、試行錯誤の日々です。 WordPressを使ったWEBサイト構築が楽しくて、独学で調べているうちに 自分メディアを持ち、自分が勤める会社のホームページも構築しました。 IT関連技術に関する情報や育児に関する情報など、役に立つ情報をわかりやすくお届けしたいと思います。

 

現在、私達のサイトはどんな問題があるのか?

デザインが古い

  スマホ対応されていない(非レスポンシブデザイン)

何をしている会社なのかわからない

キャッチコピーが無いため、ぱっと見どんな会社なのかがわからない

あらゆる部署のあらゆる業績をペタペタ貼り付けていますが

何でも出来るという事が、逆に何をしている会社なのかわからない

という印象を与えています。

 

トップページが整理されていない

企業のトップページは、会社名で検索してきた検索ユーザーが最も見るページです。

しかし、トップページにあるものは

無難なキャッチコピー

業務実績紹介の羅列

販売商品バナーの羅列

だけです。

アクセスしてきたユーザーに一体何をアピールしたいのか

メッセージが伝わりません。

サイトの目標(コンバージョン)が明確になっていない

企業のイメージアップと売上アップが目的と上司は言っておりますが、

誰に対してイメージアップしたいのか?

新卒採用者?

取引先の会社?

親会社?

商品を買って欲しい人?

 

誰に向けて作るのかによってサイトのイメージは変わります。

 

何をしてほしいのか?

商品を買って欲しい

採用募集に応募して欲しい

仕事の問い合わせをして欲しい

「いい感じの会社だな~」と思って欲しい

とりあえず、「ちゃんとした会社なんだな」と思わせたい

 

コンバージョン(成果)をどこに当てるのかによってサイトの導線は変わります。

お申込みやお問い合わせ(コンバージョン)が出来ない(リンクが反応しない)

今時、お問い合わせに「mailto:」リンクを使っています。

GmailやWindowsLiveメールが普及し、クライアントメールソフトが

あまり使われなくなった現在、mailtoリンクはもはや化石となりつつあります。

クリックしても無反応のお問い合わせリンク

 

コンバージョンへの導線がわかりにくい

アクセス→成果までの導線が設計されていない。

成果目標が立っていないから、導線もわかりにくくて当然なのですが。

 

商品紹介ページにセールス力が足りない

商品紹介ページが機能説明ばかり。

どんなユーザーがどんな使い方をするのか想定されていない。

 

アクセス解析がされていない為、改善点がわからない

アクセス解析が導入されていません。

今、どんなキーワードでアクセスされているのか

月にどれくらいアクセスがあるのか

全く分かりません。

 

更新出来る人がいない

サイトを更新出来る人がいません。

とりあえず、ニュース一覧のみ更新している状況です。

デザインやサイト構成はなんにも変わりません。

 

問題点を整理し、一つ一つ改善していこう

これから、これらの問題点を整理していきながら

コツコツを改善策を実施していこうと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
札幌に住むエンジニアです。 小学生と双子の育児に日々、試行錯誤の日々です。 WordPressを使ったWEBサイト構築が楽しくて、独学で調べているうちに 自分メディアを持ち、自分が勤める会社のホームページも構築しました。 IT関連技術に関する情報や育児に関する情報など、役に立つ情報をわかりやすくお届けしたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© KiyoPress , 2017 All Rights Reserved.