マルチタスクは効率が悪い?誤解しないザイガルニック効果活用法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
札幌に住むエンジニアです。 小学生と双子の育児に日々、試行錯誤の日々です。 WordPressを使ったWEBサイト構築が楽しくて、独学で調べているうちに 自分メディアを持ち、自分が勤める会社のホームページも構築しました。 IT関連技術に関する情報や育児に関する情報など、役に立つ情報をわかりやすくお届けしたいと思います。

「あれもしなきゃ」「これもしなきゃ」

と思って、あらゆる事を並行に作業してしまう癖ありませんか?

 

マルチタスクは効率は悪い

マルチタスクは、沢山の仕事を並行でこなす事です。

一見、同じ時間に複数の仕事が消化できて

効率的に見えますが、実は非常に非効率なのです。

ここである実験をしてみます

マルチタスク vs シングルタスクの実験

1枚の紙を用意します。

 

1行目に、○ ☓ △ と3回繰り返し書く

2行目に、1 2 3 と3回繰り返し書く

3行目に、A B C と3回繰り返し書く

つまり

○ ☓ △ ○ ☓ △ ○ ☓ △
1 2 3 1 2 3 1 2 3
A B C A B C A B C

 

ですね。

最初はシングルタスクで

1行目から順に、○ ☓ △と丁寧に上から順に書いてください。

 

次にマルチタスクで

こんどは、バラバラに書いてください。

1行目から3行目

○→A→1→☓→B→っっっxd

バラバラに好きな順に書いてください。

 

タイム測定

私も実際にやってみました。

シングルタスク:17.91秒

マルチタスク:40.15秒

なんと、2倍以上の差がありました。

 

マルチタスクは、生産性を下げている

マルチタスクで仕事をしていると

「複数の仕事を一変にこなす俺ってかっこいいぜ」

「もう色々とやること多すぎて疲れちゃうぜ」

と、マルチタスクしている自分に酔ってしまいがち。

 

ですが、実態は、自分で自分の生産性を下げている事になります。

 

 

豆知識)ザイガルニック効果とは

仕事効率を上げる心理的手法でザイガルニック効果という心理技術が使われます。

これは、どんな手法なのでしょうか。

・ザイガルニック効果とは、中途半端な状態を残しておくと記憶に定着しやすい事

・物事を途中まで進めると最後まで終わらせたくなる欲求

 

ザイガルニック効果は仕事の最後に活用すべき

ザイガルニック効果は次の日の仕事を効率よく

スタートするにはもってこいの効果です。

 

「今日はなにしようかなー」

とダラダラせず

「昨日、仕掛中のあの仕事を片付けよう」

となります。

 

しかし、何かやりかけのこと、未完了のことがあると、
そのことが気になって、意志力を消耗します。

まるでサルがあちこちの木に飛び回るように、
思考が飛び回って、ストレスがかかり、
結果的に、生産性が下がるのです。

 

頭の中の計画を書き出す

このザイガルニック効果は近年研究が進み、
やりかけのことを全部完了しなくても
「計画を書き出す」だけで解消されることがわかりました。

実際に、やりかけのことを思い出して、
小説の理解度テストをしたとき、
計画を書きだしたグループは、ザイガルニック効果が消えたのです。

 

「未完成の作業をときどき思い出すのは、
無意識の脳が仕事を忘れていないことを示すシグナルではない。」

「無意識が、意識的な脳に
計画を立てるように求めているのだ。
無意識の脳は、独力ではそれができないらしく、
意識的な脳にしつこく迫って、時間、場所、機会など、
細かい計画を立ててもらう。
計画が決まると、無意識な脳は迫るのをやめる。」

(引用元 p.114『意志力の科学』)

 

仕掛中の案件を何件も抱える事は、よくある事です。

まずは仕掛中案件を「いつまでに・どのように」終わらせるか

計画を立てる事で、意志力の消費を減らし

生産性の向上が期待できます。

 

まとめ

大事なことに取り掛かる前には、まず、頭のなかのサルを追い出して、
身軽になって取り組むこと。

そのためにあなたは今日、何をしますか?

 

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
札幌に住むエンジニアです。 小学生と双子の育児に日々、試行錯誤の日々です。 WordPressを使ったWEBサイト構築が楽しくて、独学で調べているうちに 自分メディアを持ち、自分が勤める会社のホームページも構築しました。 IT関連技術に関する情報や育児に関する情報など、役に立つ情報をわかりやすくお届けしたいと思います。

Copyright© KiyoPress , 2017 All Rights Reserved.