2017/09/27

エレファント2とエレファントシングルの違いは何?使い分け方について解説します

 

この記事を書いている人 - WRITER -
札幌に住むエンジニアです。 小学生と双子の育児に日々、試行錯誤の日々です。 WordPressを使ったWEBサイト構築が楽しくて、独学で調べているうちに 自分メディアを持ち、自分が勤める会社のホームページも構築しました。 IT関連技術に関する情報や育児に関する情報など、役に立つ情報をわかりやすくお届けしたいと思います。

][ワードプレステーマ

エレファントは、購入すると

エレファント2

エレファントシングル

の2つがセットになっています。
果たして、何が違うのでしょう?

 

シングルはサイドバーを無くした1カラムデザイン

シングルの投稿記事画面です。

 

 

エレファント2は、サイドバーありの標準ブログ型デザイン

2の投稿記事画面です。

 

 

私が勝手に思うエレファントシングルとエレファント2の使い分け方

エレファント2とエレファントシングルは、表示形式以外の違いはほぼありません。

ショートコードも同じものが使えます。

 

 

エレファント2とシングルをどう使い分けたらいいのか?

自分の場合はどちらが向いているのか?

 

私なりの勝手な意見と想像ですが、書いてみたいと思います。

 

濃い内容記事を書きじっくり読んでもらいたい人はシングル

エレファントシングルは、1カラム型の為、画面に余計な情報が入りません。

記事を読んでいる途中に、サイドバーのリンクが気になりページを離脱するような事もありません。

じっくりと記事を読んでもらう確率が上がります。

 

アクセス数より一記事の滞在時間を増やす事に特化しています。

集中して記事を見てもらいたい人は是非エレファントシングルをお試しください。

 

多ジャンルブログ・雑記ブログ・Googleアドセンスサイトを運用の方は、エレファント2の方がオススメ

「とにかくアクセスを集めたい。」

「いろんな記事を見てもらいたい。」

という方は、2カラム型で、サイドバーに色々と置けるエレファント2がおすすめです。

 

エレファント2は、ブログの情報整理に向いています。

デザイン的にも馴染みがあるサイドバー付きデザインの為、他サイトからの移行も簡単です。

 

エレファント2にも記事内に多数のウィジェットエリアを配置出来る為

広告掲載アフィリエイト、アドセンスを運用されている場合も、広告を貼りやすく

広告管理がし易いです。

 

2カラム表記も捨てがたい・・・だけど勝負記事は1カラムで表示したい人は、エレファント2がオススメ

2カラム表記は残したいと思っている方は、エレファント2にしておくと良いです。

シングルを選んでしまうと、2カラムにする手段はありません。

しかし、エレファント2は柔軟に対処が可能です。

 

エレファントには、2にもシングルも共通でランディングページ作成機能があります。

投稿ページについては、デザインは選択したテーマに依存しますが、固定ページを作成する時に、テンプレートがが選べるようになっています。

 

<固定ページのテンプレート選択欄>

 

こちらを用いる事で、勝負記事やセールスレターだけは、固定ページ+ランディングページで書く。

そして、いつもの記事は通常の投稿で書く。

 

という方法が出来ます。

 

スマホの表示に特化したい方はエレファントシングルで

スマホの爆発的な普及により、アクセスされる端末が、PCからのアクセス数よりもスマホからのアクセス数が上回る現象が起きています。

 

「私のブログはスマホでしか見られていないから、PCからの表示なんて気にしないよ」

キヨシ

 

という潔い思いを持っている方は、エレファントシングルの方が断然おすすめです。

 

1つの商品に特化したサイトを運営しているならシングル

1つの商品をあらゆる角度から紹介する特化型サイトならば、エレファントシングルの方が良いと思います。

商品に興味を持ってもらう為には書いている記事に集中してもらうことが重要だと思います。

 

1カラム型の画面であれば、余計なリンクが目に入らないため、集中して読んでもらえます。

 

そして、商品の金額が高額であればある程、最終的な購入ボタンを押すタイミングはスマホではなく、PC画面からになるのではと推測されます。

PC画面で購入を決めたユーザーが他のページに離脱する確率を少しでも防ぐため、特化型の商品紹介サイトは1カラムのエレファントシングルがおすすめです。

 

多数の商品を紹介する場合はサイドバーで整理ができるエレファント2

アフィリエイトサイトは、1つの商品を紹介する特化型サイトの他に

同一ジャンルの商品を多数紹介する場合もあります。

 

その場合、書かれた記事がカテゴリで整理しやすい方が使いやすいです。

本当に勝負をかけたい商品は、ランディングページ作成機能を使う事でカバーができます。

 

ブログを始めたばかりの記事数が少ない時は、シングルの方が見栄えば良い

エレファントシングルは記事数が足りない時でも、貧相なイメージを感じさせないデザインになっています。

 

当たり前ですが、ブログを開設してしばらくは記事が無いため、サイドバーがスカスカです。

エレファント2だと、サイドバーにあまり情報が無い事で寂しいイメージを与えてしまいます。

 

エレファントシングルの場合、5記事以上書く事ができれば、とりあえずトップページがそれなりに豪華がイメージにできます。

 

まだブログを始めたばかりの人

ブログの方向性も決まっていない人

はエレファントシングルで、良質な記事を書く事に集中すると良いと思います。

 

ちなみに管理人の私も、エレファントシングルを選んだ動機は、サイドバーが貧相だったからです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はエレファント2とエレファントシングルの違いについてご紹介しました。

ざっくりというと、エレファントシングルは

記事をじっくり読んでもらいたい

1記事の滞在時間を増やす

 

完全に私の主観ではありますが、何かの参考になればと思います。

 

 

WordPressテーマ「Elephant (エレファント)」
ダウンロードはコチラ

 

 

 

 

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
札幌に住むエンジニアです。 小学生と双子の育児に日々、試行錯誤の日々です。 WordPressを使ったWEBサイト構築が楽しくて、独学で調べているうちに 自分メディアを持ち、自分が勤める会社のホームページも構築しました。 IT関連技術に関する情報や育児に関する情報など、役に立つ情報をわかりやすくお届けしたいと思います。

Copyright© KiyoPress , 2017 All Rights Reserved.