2017/05/05

コーポレートサイトはトップページが命

 

この記事を書いている人 - WRITER -
札幌に住むエンジニアです。 小学生と双子の育児に日々、試行錯誤の日々です。 WordPressを使ったWEBサイト構築が楽しくて、独学で調べているうちに 自分メディアを持ち、自分が勤める会社のホームページも構築しました。 IT関連技術に関する情報や育児に関する情報など、役に立つ情報をわかりやすくお届けしたいと思います。

コーポレートサイトはトップページで決まる

企業のサイトというものは、アクセス数を稼ぐ事よりも

企業イメージを良くする事が目的です。

 

そして企業イメージはトップページの印象だけで、8割決まります。

それは一体何故か?

トップページの印象だけで、企業のイメージが左右される理由

アクセスする人の大半は、「会社名」で検索する

企業サイトに対してアクセスする人は、殆どの場合

「企業名」「会社名」

がキーワードに含まれています。

 

会社名で検索された検索結果は、トップページへ誘導される

検索キーワードが、「企業名」「会社名」ならば、当然

誘導するページは企業のトップページになる事が大半です。

 

ほとんどの人はトップページしか見ない

よっぽどの工夫を指定ない限り、コーポレートサイトはつまらないものです。

トップページにアクセスしに来たユーザーが一瞬でも「お♪」

と思わなければ、あっという間にブラウザの戻るボタンを押してしまいます。

トップページの印象を良くするために何をするべきか

徹底した情報整理を行い、無駄な情報をトップページから排除使用

どんな人が会社名で検索するのかを書き出す

自分の会社の名前で検索する人はどんな人なのか?についてイメージしてみよう

新卒者が会社の様子を知るため?

取引先の会社が仕事を任せる先を探すため?

 

何のために検索してきたのかを書き出す

検索をした理由を理解する

何のために、「会社名」で検索したのか

 

現状のトップページから、無駄を徹底的に取り除く。

何を載せるのか限定する。

商品の羅列・実績の羅列をしないようにしましょう。

 

1秒以内に印象に残る高品質なヘッダ画像を準備する

サイトにアクセスしたユーザーが数秒で興味を持ってもらう為

ヘッダ画像は特に気を配りたった1秒だけで、思わず見てしまうような画像を準備しましょう

 

興味をそそるヘッダコピーを用意

画像だけではなく、私達の会社はどんな会社なのかをたった1行で表します。

 

まとめ)企業のイメージはトップページで決まる

検索ユーザーの大半は、会社に対して何らかの情報を欲しがっています。

トップページを最適化する事は、内部SEO対策に繋がり

企業イメージアップだけではなく、結果的にアクセスアップにも結びつきます。

 

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
札幌に住むエンジニアです。 小学生と双子の育児に日々、試行錯誤の日々です。 WordPressを使ったWEBサイト構築が楽しくて、独学で調べているうちに 自分メディアを持ち、自分が勤める会社のホームページも構築しました。 IT関連技術に関する情報や育児に関する情報など、役に立つ情報をわかりやすくお届けしたいと思います。

Copyright© KiyoPress , 2017 All Rights Reserved.