日々の雑記から役に立つ知識など

子供の出来ない所ばかりが目に付く時は、自分の隠してる劣等感が目に付くから

 
この記事を書いている人 - WRITER -
札幌に住むエンジニアです。 小学生と双子の育児に日々、試行錯誤の日々です。 WordPressを使ったWEBサイト構築が楽しくて、独学で調べているうちに 自分メディアを持ち、自分が勤める会社のホームページも構築しました。 IT関連技術に関する情報や育児に関する情報など、役に立つ情報をわかりやすくお届けしたいと思います。

息子に対して不満ばかり言う時があった

  • 挨拶が出来ない
  • 勉強やらない
  • 片付けしない
  • 遊びに連れて行ってリアクション悪い
  • 男子なのにナヨナヨした声で聞こえない

しかし、これは自分が今まで隠してるまたは隠してた自分の嫌な部分だったりする。

  • うちの子はスポーツ出来ない
  • うちの子は字が汚ない
  • うちの子は頭良くない
  • うちの子は抜きん出た取り柄が無い

というのも、自分の子供ではなく自分が他人に見せず密かに抱えている自己評価だったりする。

 

妻に指摘されて、気づいた。

 

「あなたは自分の子供を一体、何者にしたいの?」

「この家では他人より何か優れていないと駄目な子になるの?」

 

イライラしていた時は、受け入れる事が出来なかったが、冷静になった今なら受け取れる。

 

子供にイライラしてしまう時って

子供に対してイライラしていたのではなく、自分に対してイライラしていたからだ。

 

いざ、ブログに書くと、「何を当たり前の事言ってんだ」と思いますが、

イライラしている時はこの当たり前ができないんですよね

 

この記事を書いている人 - WRITER -
札幌に住むエンジニアです。 小学生と双子の育児に日々、試行錯誤の日々です。 WordPressを使ったWEBサイト構築が楽しくて、独学で調べているうちに 自分メディアを持ち、自分が勤める会社のホームページも構築しました。 IT関連技術に関する情報や育児に関する情報など、役に立つ情報をわかりやすくお届けしたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© KiyoPress , 2017 All Rights Reserved.