日々の雑記から役に立つ知識など

書評:「早起き」の技術

 
この記事を書いている人 - WRITER -
札幌に住むエンジニアです。 小学生と双子の育児に日々、試行錯誤の日々です。 WordPressを使ったWEBサイト構築が楽しくて、独学で調べているうちに 自分メディアを持ち、自分が勤める会社のホームページも構築しました。 IT関連技術に関する情報や育児に関する情報など、役に立つ情報をわかりやすくお届けしたいと思います。

起きれない人は必読です。

習慣化コンサルタントである古川武士さんの本について紹介させていただきます。

 

この本をオススメする人

とにかく朝が弱い人

夜更かし癖を直したい人

朝の時間を有効に使いたい人

 

オススメしない人

シフト勤務等で昼夜がひっくり返る生活が当たり前になっている

夜更かしだけは絶対止めたくないと思っている人

 

注目すべきポイント

ポイント1 まずはいかに早く寝るか

早起きをする上で最も重要な事(センターピン)は、早く寝る事です。

著者はは、「まず予定した時間通りに寝る事」だけを続ける事を最初のステップとしています。

寝る時間をいつものように遅くし、起きる時間だけ早くしても

かなりの高確率で失敗します。

 

それは、睡眠負債という物があるからです。

 

寝る時間を早くできれば、次の日に寝坊してもひとまずOK

という目標です。

 

 

ポイント2 1日7時間~9時間の充分な睡眠を確保する

まずは、睡眠時間を確保する事

これ

 

ポイント3 早く寝る事を妨げるのボトルネックを特定

「なぜ早起き出来ないのか?」

ではなく

「どうしたら早く寝れるのか?

という考えにシフトする事

 

何が得られるのか。何がわかるのか

この本の通りに起きる時間ではなく「寝る時間」

を早めにしてみました。

 

小学生や3歳の子供達と出来る限り一緒に、夜の21時~22時までに布団に入り寝てしまうという事

を繰り返しました。

するとどうなったか

朝、4時or5時には一度目が覚める

夜の21時に寝ると、次の日の朝は、早朝4時くらいに目が自然に覚めるようになりました。

睡眠時間にして、7時間

まあ、充分な時間です。

 

最初のうちは2度寝をしていましたが、今では朝起きて

 

朝の時間を有効に使おうという気持ちが芽生える

夜の時間とは、時間を無限に感じれる程、長く色々な事が出来る気がします。

しかし、だからこそダラダラとした過ごして方をしてしまいがち。

 

生産性は、朝がダントツに良いです。

5時に起きたとして、7時までは2時間

この限られた2時間をスッキリとした頭で有効活用出来るのです。

 

忙しい人へ。積読する前にここだけは見ておこう

私が特に読んでおくべきと思われるポイントと簡単な感想をご紹介します。

ここだけでも買う価値アリです。

早起きが失敗する8つの原因

  1. 一気に5時起きにシフトする
  2. 起きる時間だけを目標にしている
  3. 睡眠時間を削る
  4. 生活習慣の全体を一気に良くしようとする
  5. 突発的・イレギュラーの予定に振り回される
  6. 早起きへの明確なシフトの理由が無い
  7. 手放すものが確定していない
  8. 早起き+αを同時にやろうとする

この8つの原因は、自分の生活を照らし合わせて何度も確認すべきです。

私は、早起きに失敗している時、これら全部に当てはまりました。

 

  • 深夜12時に寝ていきなり5時起き
  • 起きて何をするか決めてもいない
  • ダラダラとスマホを眺め、気付いたら6時半
  • 早起きしていても何も出来ないという後悔。

ある時は

  • 目が覚めるけど、起きたくない。
  • 目が覚めるけど、布団から出たくない。

を繰り返し、2度寝ばかり。

 

起きて何をしたいのかを決めていないから、2度寝ばかりしていました。

2度寝に勝るやりたい事を事前に考えておく事

これは早起きの鉄則です。

 

起きる時間ではなく寝る時間に集中する

早起きは「寝る時間にフォーカス」する事がとても大切です。

「早く寝れば早く起きられる!」

これが原理原則です。

引用:「早起き」の技術

先程も書きましたが、早く寝る事を目標にする。

古川さんはこうも言っています。

最初の目標は「寝る時間を早める」だけでいいのです。

私がコンサルティングをする際も、「まずは寝る時間を守る事が出来れば、起きれなくてもOK!」とします。

引用:「早起き」の技術

ボトルネックを特定

ボトルネックとは、理想の生活習慣を邪魔する突発的な予定や誘惑(ネットサーフィン等)など、挫折に導く要因の事で、例えば次のようなものです。

  • 上司からの急な残業依頼
  • 付き合いの飲み会
  • 家族との生活リズムの違い
  • 土日のイベント
  • 普段と異なるワークスタイル(出張や接待)
  • 習い事などの予定
  • ネットサーフィン・テレビ

引用:「早起き」の技術

イレギュラーな出来事は誰にでもありますよね。

ルールを守れなかった時、直ぐに挫折してしまう事

 

完璧主義であればあるほど、イレギュラー事象で早起きがストップしてしまった時の挫折は悔しいものです。

上記のようなイレギュラーに対し、著者は以下のようなアドバイスをしてくれました。

例外パターンを用意しておく

例外パターンは3日以上連続させない

 

例外ルールを敢えて作ることで、挫折を防ぎましょう。

まとめ

早起きを成功させる為には、先ず寝る時間をコントロールするというのは目からウロコでした。

1日4時間睡眠等を推奨するような本ではなく、しっかりと睡眠時間を確保する事を推奨する内容のため、好感が持てましたし、具体的かつ実践的な内容と思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
札幌に住むエンジニアです。 小学生と双子の育児に日々、試行錯誤の日々です。 WordPressを使ったWEBサイト構築が楽しくて、独学で調べているうちに 自分メディアを持ち、自分が勤める会社のホームページも構築しました。 IT関連技術に関する情報や育児に関する情報など、役に立つ情報をわかりやすくお届けしたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© KiyoPress , 2018 All Rights Reserved.